導線(一貫性)を作る

前回のブログで今後サロン集客においてはコミュニティ化が大切になってくるということを書かせて頂きました。
今回は、さらに、コミュニティ化のイメージを湧きやすくする為の導線(一貫性)や内容、相乗効果についてお話して行きたいと思います。

まず、人を集められそうなSNS等のアカウントを立ち上げ、リピーターさんにフォローして頂く・追加して頂く、またターゲット層の未来客にフォローして頂く、等の事を行っていく傍ら、その方々にストレス無くサロンの情報を伝えたりしなければなりません。

例えばサロンのホームページやホットペッパービューティー内にブログを書いたとします。
たいていの方はここで作業が終わります。
記事の数や内容だけをものすごく気にします。

でも私はそれはそこまで重要ではなく、
書いたらそれで終わりではなく、

Twitterで「ブログ更新しました(リンク)」とつぶやく。
Instagramのストーリーズで「NEWポスト(新規投稿)あるよ!スワイプしてね!」

これが超大事だと思っています。

あなたがブログを更新した時間なんて、ユーザーは分かるわけありません。
(ちなみにYouTubeやamebloは更新通知がありますので、そういうのをうまく活用しても良いかと思います)
そしてどこにブログを書いているかも覚えてなんていません。

だから、

書いたよ〜→ブログはここだよ〜

とノンストレスにブログまでたどり着かせてあげましょう。

お客様は「○○サロン ブログ」なんて検索しませんからね(笑)

よく「ブログをたくさん書いても集客に繋がらない」と言われますが、
私がよく言っている「入口と出口」ここでいう告知がない、リンクが無い、等の事が起きていればそりゃあ閲覧数も落ちるわけです。

すべて、理由があります。

どんな事を投稿すればいいの??

ブログにしても、内容に困るということをよく聞きます。
その為、販売しているパーフェクトテキストではブログ内容の例もご紹介しているのですが、それらも含めて、SNS等での投稿内容をご紹介します。
ただ正解はありませんので、好きな事を書いてくださいね!

難易度★

連絡網に毛が生えたようなものとして使うのならば

・営業の有無、営業時間
・週末の予約状況
・サロンからのお知らせ(新しいクーポンが出来たよ!リピーター様向けのクーポンあるよ!)

難易度★★

サロンの情報や趣味などを送る

・スタッフの紹介
・人気メニューの紹介
・導入予定のメニューの紹介
・店販の紹介
・スタッフの休日の過ごし方
・お客様の声
・ビフォーアフター(まだ管轄対象になりづらいSNSは出しやすい)

難易度★★★★
マニア情報をお送りする。かつ、定期的に送る

一定のテーマを決める
・モテヘアアレンジの進化論
・肌悩みの救世主
・免疫力UPの食生活
・ネイルチップコレクション

Instagramでは一定のテーマに沿ってかつ写真も綺麗に統一感を出して投稿している方がいます。
そういったアカウントは魅力的に見え、目の保護としてもフォローされやすいです。

さらに投稿時間も一定だとなお◎です。
「毎週金曜20時配信」
「毎週水曜日は○○サロンデー」
「月・木の2回配信です」

などです。これをメンバーに刷り込むと、より閲覧率を高めることができます。
更新通知を楽しみにしてくれるといいですね^^

難易度★★★★★

自分カリスマ化計画
“自分”に興味を持って貰うために、家族やペット情報等のプライベートもオープンにし、今興味を持っているもの、使っているコスメ、休日の過ごし方など。
ポジティブな内容だけでなく、悩みごとなども包み隠さず出します。

内容は完全フリーです。

大事にする考え方が、
「人間らしく、人間くさくあること」
「無理して明るい自分でいなくてもいい。楽しいと心から思える事をやる。そうすれば自然と人は集まる」


です。
こういう場合、無理していつもと違う生活を送ったり、アフタヌーンティーに行きまくったり(笑)、虚構増を作りあげる人がいますが、する必要ないですからね。
あたかもPRが見え隠れしているアカウントではなく、正真正銘自分の世界観を出しましょう。
見ている人は分かっていますから、“本物”の人かそうでないか。

自意識過剰でもいい!
自分を有名タレントだと思って自信を持ってやってみましょう♪

これが超超超大事!!!ファン化する

こまめな投稿を頑張ったり、メンバーに有益な内容をお送りでき、少しずつ信頼を獲得できるようになったら、コミュニティ内で指揮を取ることがうまくなっていきます。
そして、カリスマ性が抜きんでてくると、メンバーはいずれあなたのファンになります。

まずは指揮を取れるように頑張りましょう。
そうすると、

・新メニュー導入へのアンケートを取って販売戦略を考えたり
・予約変更がスムーズになったり
・ドタキャン・無断キャンセルが減ったり

するわけです。
わざわざポップやチラシを作らなくとも、

「私がオススメする○○美容液を導入するよ~!」
と発言すれば、ファン層が買ってくれるわけです。

飲食店のケースですが、よくFacebookやInstagramで下記の投稿を見かけます。

「ケーキが余ったの、限定○人来れない?」

「団体キャンセルが出てしまいました(泣)食材がもったいないから今晩19時~原価でいいから食べに来て~」

と。こうした急な呼びかけに答えてくれるのは、リアルで話せる人のみです。

「コミュニティメンバーの方なら優先にするよ!」とかも言えます。

芸能活動を引退しタレントが、店舗経営をしても最初の集客になかなか困らないのは、すでにファンがごっそりいて、その方々が来てくれるからです。(永続できるかは別ですが・・・)

一度作り上げたファン層はかなり強固な礎になりますね。

上級編:コミュニティ化の相乗効果

これまでお話したツールは、コメント欄やDM等以外、基本1対不特定多数に向けて何かを発信するという構図になっています。

今度はコミュニティ の中に入っているメンバー同士が仲良くなったらどうでしょう?

YouTubeでいつもコメントしている方がいるとします。
どんな方なんだろう、、?


Instagramで一緒に写真撮った方が居るようだ。
どうやら近くに住んでいて同じくママネイリストみたい!!


Facebookでコミュニティメンバー限定で情報交換会をやっている!


ユーザーが多数介入しているコミュニティの投稿を見るたび、単純接触効果もあり、よく目にする方をどんどん覚えていきます。
このような方をつなげて行きます。
ネット上だけでなく、リアル(現実世界)で会ったりする事も出来ます。
自分を交えて会食をしたり、AさんがやっているサービスをBさんに紹介したりします。

※これが超上手く行くと紹介料でかなり回っていきますが、はじめはお金度外視で信頼を崩さないようにしていきましょう。

西野亮廣さんがこれをめちゃくちゃ上手に活用されています。
オンラインサロンで知り合った方が美容師で、その方がやっている美容室に行っています。

普通に集客して西野亮廣さんが来ることはまぁ“無い”ですよね!?

でも、コミュニティを作った事で、そしてコミュニティに入った事で、出会い、信頼が深まり、リアルで出会える。

例えば、美容業界のコミュニティがあったら入りたいと思いますか?
美容師のコミュニティがあったら入りたいと思いますか?

同業同士?いえいえ、もしエリアが違かったら?
もしターゲット層が違ったら?

何よりも分かり合えるし、情報共有出来るかもしれないし、仕事のヒントも得られるかもしれないし、励みにもなるかもしれない。

コミュニティを持って活用されている方は、どんな状況に陥ったとしても、とんでもなく強い基盤が出来ます。

ホットペッパービューティーを運営するリクルートは巨大企業なので事業撤退等何か起こる事はほぼあり得ないが【ゼロではない】

そうなった時も振り向けば自分のファンがいて、コミュニティがあって。

これって、、最強だと思いませんか?

私はこのコミュニティ化を強く強く推します。
何百人とかじゃなくていいです。

一緒に作ってみませんか?

私が“直々に声を掛けた!”
激推し《最強メンバー》による提供サービス一覧

  • 「集客」できるホームページ/ランディングページ制作
  • GoogleAnalytics分析付!ホームページリニューアル提案
  • 更新モチベーションUP♪SNS用のバナー作成
  • サロンの顔!ロゴ作成
  • 媒体掲載OK!映えるサロン撮影(動画も◎)
  • NEWOPENにも!反響の出るチラシ作成
  • 思わず配りたくなる名刺制作

詳細・料金体系など問い合わせはコチラ LINE@

★メンバー紹介

グラフィックデザイナー / カメラマン

ミウラ タクヤ

引き出し豊富なアイデアマン。
聞く力に優れていて、ゼロ→イチが得意☆
想像を超えたオシャレセンスは見た目も満足に、更に集客効果も◎

WEBデザイナー

タナカ レイナ

女性の心を掴むキーワード提案が得意☆
こだわり強く、作ったら終わりでは無く、トライアンドエラーが出来る。
サロンの為ならズバッと!ストレートな物言いもオーナーに人気。

お気軽にお問い合わせ下さい LINE@

ホームページ制作や、チラシ作成の業者は今やたくさんありますよね。
選ぶ基準って何ですか? 費用ですか?豪華さですか?
私は今まで機能しないサロンのホームページをたくさん見てきました。
それらの共通点は「集客は無視している」事。

見てくれが綺麗なホームページが欲しいですか?
私は「サロンにプラスになる(集客出来る)」サービスしか提供したくありません。
それには、サロンの内情を知っていて、強みを活かし、お客様に来て頂けるコンテンツをご提供する必要があります。
その条件に全て当てはまる。同じ想いを持った、同じリクルート出身のサロンボードスタッフであった超優秀人材と手を組んでいます。

〜 ビューティーサロン向上委員会のサービスは、
3人合わせて3500店舗以上の美容サロンを訪問してきた
審美眼を活かしています 〜

お気軽にご相談下さい LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です