緊急事態宣言の延期が5月31日になり、まだ自粛ムードが続こうとしています。
目に見えないウイルスにこんなにも日常を阻害され、より一層我慢と、工夫(戦略)が必要になってきました。

堅苦しいブログではありませんので、
やべ~店開けたのにお客さん全然来ないじゃん/(^o^)\と思ったら読んでください。

 

緊急事態宣言延長!もう耐えられない!サロンを開けてもいい?

本日このブログ、まだ安倍首相の記者会見が行われる前に書いています。
もし行政指導の休業要請がありましたらそちらに従ってください。
もし、自主規制的なニュアンスなら、

結論から言うと、サロンを開けても開けなくても、どちらもリスクがありますので、どちらの道を通ってもいばらの道になることは間違いありません。

正解はありませんので、開けるなら開ける、休業延長するならその旨をしっかりと告知しましょう。

一つ言える事は、周りのサロンの状況は一切気にしない方がいい。
今後のリスクの一つに、サロンを開けたら自分のサロンがクラスターになってしまったという致命的なリスクがありますが、そういった内需のリスクのほうが大きいです。

ですので、周りのサロンが開けているからうちもこうする、周りが休んでいるからむしろ開ける、とか欲かくレベルならその基準は違うと思います。

自分のサロンの損益分岐点や経営寿命的な意味合いで、すでにお持ちの顧客(お客様)の反応によって判断されるのが良いと思います。

だから、ぶっちゃけカネです。
給付金含め金の回り具合と、借入するなら返済計画等を基準に考えるのが良いと私は思います。

サロン営業を再開したのに!お客様が来ないよ!!

もう固定費をこれ以上削れない、スタッフは開けたら出勤すると言ってくれている・・・
じゃあ思い切って営業を再開しようと思う。

でも、電話も鳴らない、ネット予約も入らない、人通りもない・・・
開けていたらそれなりに電気代などの光熱費もかかる。
出勤手当はどうしようか。

お客様が来ない理由はなんだ。。。

その理由や、対策について4つほどこのブログでご紹介していきます。
当たり前の事かもしれませんが、大事な事。
焦る気持ちを抑え、一通りすべて見直してください。

①サロン営業が再開したことを知らない

まさか、特に何も告知せずサロンを開けた、なんて人はいないと思いますが、実は・・・いるんですよ。
お客様は常にサロンのホームページやSNSを見ているわけではないですので、サロンが再開する1週間前からしっかり告知をしましょう。

「いや、告知は当然でしょw SNSにもホームページにも書いてあるし」と思っていても、何度も告知してください。たかが1回で告知したなんて思わないでください。
〝10回告知して初めて認知される〟くらいの勢いでお願いします。

そして、いくら自粛期間だとしても、前日に告知するのではなく、5日前~1週間前くらいからカウントダウン的に告知してください。

自粛期間、時間はたっぷりある、と言っても、なんだかんだ大掃除をはじめてしまった、子供のリズムは崩したくないから規則正しく生活している、オンラインセミナーを受ける予定がある、オンライン飲みをする約束をしている、昼間から酔っぱらっているw
など時間的に縛られている人がたくさんいます。

ですので、暇だから来たければ時間を作ってくれるだろうと思わないでくださいね。

②サロンに行きたいけど行っていいのか迷っている気持ちに寄り添えていない

皆さんが、営業再開時期を迷ったりするのと同じように、お客様もサロンの再開時期を非常に迷われています。

まずは、お気持ちに寄り添う事です。

お客様相談室を設けるのはいかがでしょうか。

例えば、
・営業時間や休業日をお知らせする
・どんなウイルス対策をしているか(除菌以外にも席距離が開いているとか)
・何人スタッフを出勤させているか
・来店時に何かすることはあるか(熱計られる等)
・予約の入り状況

・どんなお客様が来ているか
・他のお客様と被るのか
・比較的空いている時間
・その他、不安な事

これを聞く、電話受付での相談室を設ける。
そして、実際の来店までの間にワンクッションを置く。
もし、サロンに出勤しなければ固定電話が使えないのであれば携帯の緊急連絡先をお知らせする、それだと個人情報になるならばDMやメールでも。

皆さんが、「当店のウイルス対策への取り組み」と画像を作りホームページやホットペッパービューティー、SNSに掲載されているのはたくさん見ていますし、努力を感じます。

しかし、大事なのは↑の点。
お客様が不安に思われている事には触れていないのです。

サロンが清潔状態を保つのは接客業がゆえに至極当たり前の事で、その先、お客様は自分の心と葛藤しているのに情報が足りないのです。

話を聞いてあげましょう。
それに臨機応変に対応できるものはしていきましょう。
不安な気持ちに寄り添って、とにかく安心させてあげましょう。

③サロンに行く楽しみは半減していると同時にそれを埋める新しいアイデアを

私、自分の判断ですが、ついこの間、我慢できずに整体に行きました。

もう背中がガッチガチで。

ちょっと私の例ですが、体験談をお話します。

いつも行っている駅前の一人でやられている整体で、回数券を買うほど常連です。

一人でやられているから、会話も好きにできるし、「痛ぁあああい!」なんて叫べもします(笑)

予約をする前に、こんな事を見たり、行動したりしました。

1、ホームページやSNSでウイルス対策の内容や来店時のお願いを読む
2、ホットペッパービューティーの予約で、「自分がその日一番最初の客になる日」を狙っていく
(一人サロンなので、予約が入っていると予約カレンダーが×になります。もし午前に×があったら午後行かない)
3、こちら側も寄り道をせず行くことで感染リスクを最小限にしてサロンに迷惑をかけたくない

まぁ、お客様の心理や行動って一例ですがこんな感じなんですよね。

実際に整体をしている時、

「話したい事たくさんあったのになんだか話しちゃいけない気がして(感染予防的な意味で)沈黙のオンパレードだった」んです。

職業的にサロンの営業はどうされるのかとか、他のお客様はどうしているか、とかリサーチしたかったし、肩が痛い経緯も話したかったけれど、なんだか感染予防的な意味で会話をすることをとてもとても躊躇ってしまいました。

多分、オーナーさんは、私のコト疲れているから黙ってリラックスしているんだろうとでも思っていたかもしれませんが、もう真逆です。

サロンに行くのは、施術をしてもらい「髪を切る/ネイルをする/マツエクつける/肩こりをほぐす/スリムになる」等の効果を得るのは当然、

「会話をしに行っているんだなぁ」という事が強く分かったと同時に、

「施術中は距離が近いので、終わったら距離を開けて少し会話しましょう!」とか、なんか言ってほしかったなぁ(願望)

そしてそれと同時に、どのジャンルのサロンも、こういったシチュエーションってあると思います(特に女性なんか)
そんな人向けに、会話のタイミングはどうするのか一言添えて頂けたりするのは今必要な事だと感じました。

サロンに行く楽しみがただでさえ半減してしまう。
だからこそ、他の何かで埋めないと行けない時が来たのです。

整体終わった後、血流が良くなっているので水をたくさん飲むと老廃物排出の為に良いですよね。
家から持って行かなかった私、帰りにコンビニ寄りたくなかったけど寄っちゃいました。

「コンビニ行かなくて済むように水サービスしています」なんて言ってくれたら神だったなぁ(願望)

 

④3密を作らない予約の取り方を工夫しよう

営業短縮している中で、さらにどう予約を取っていくかが非常に重要になっていきますね。
今までと同じように、席数とスタッフの出勤人数と施術可能メニューで取るのではなく、「3密を作らない予約の取り方」が大事になっていきます。

まぁ、物理的な事もあると思いますので、出来る限りで。
もう、力の限りゴーゴゴー!!(古いw)じゃないですが、これからは出来る限りの事をやりまくったサロンが、お客様の安心を買い応援してもらえるという構図を作らないと厳しいでしょう。

これも例えばですが、

==================================
☆○月○日(月)のご予約状況☆

あと2組様 入れます!!
来店相談が出来るお客様相談室
090-1111-2222
お気軽にお問い合わせください。

10時~ ご予約OK(予約済)
11時~ 消毒&換気の為受付不可
12時~ ご予約OK(★空きアリ)
13時~ 消毒&換気の為受付不可
14時~ ご予約OK(★空きアリ)
15時~ 消毒&換気の為受付不可
16時~ ご予約OK(予約済)
17時~ 消毒&換気の為受付不可
18時~ ご予約OK(予約済)
19時~ 閉店

==================================

こんなものを作り、SNS等で告知しても良いですね。
1日5組しか来られなくたって、付加価値を込めて単価をあげれば良い。

特別扱いのストレス発散スペシャルメニューで15000円。
一日75000円の売上、そんなに少ないですか?

 

みんな怖い。でも、トライアンドエラーで乗り越えていこう。

開けても地獄、閉じても地獄。

そして、それは精神的な意味合いもあるので、緊急事態宣言が終わっても制度が変わればメンタルが変わるわけではないので、今後も続く。

もし、どうしようもなく怖くなったら、スタッフに・お客様に心をさらにオープンにしよう。


・打ち明ける(実は自分も不安です。。)
・素直に聞く(どうしたらサロンに来たいと思いますか?)
・繋がろう(状況がどんどん変わるから自分と繋がって!)
・応援してほしい(もっともっと良いサロンにするからこれからも応援して欲しい!)

足を止めず、やれることを全部やる。
ダメだったらまた考える。
効果が出なかったら周りに聞く。
改善する。
自分を信じる。
スタッフを信じる。

また、思いついたら追記します。

あぁ。。ブログ書いたら肩凝った・・・整体行きたい~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私が“直々に声を掛けた!”
激推し《最強メンバー》による提供サービス一覧

  • 「集客」できるホームページ/ランディングページ制作
  • GoogleAnalytics分析付!ホームページリニューアル提案
  • 更新モチベーションUP♪SNS用のバナー作成
  • サロンの顔!ロゴ作成
  • 媒体掲載OK!映えるサロン撮影(動画も◎)
  • NEWOPENにも!反響の出るチラシ作成
  • 思わず配りたくなる名刺制作

詳細・料金体系など問い合わせはコチラ LINE@

★メンバー紹介

グラフィックデザイナー / カメラマン

ミウラ タクヤ

引き出し豊富なアイデアマン。
聞く力に優れていて、ゼロ→イチが得意☆
想像を超えたオシャレセンスは見た目も満足に、更に集客効果も◎

WEBデザイナー

タナカ レイナ

女性の心を掴むキーワード提案が得意☆
こだわり強く、作ったら終わりでは無く、トライアンドエラーが出来る。
サロンの為ならズバッと!ストレートな物言いもオーナーに人気。

お気軽にお問い合わせ下さい LINE@

ホームページ制作や、チラシ作成の業者は今やたくさんありますよね。
選ぶ基準って何ですか? 費用ですか?豪華さですか?
私は今まで機能しないサロンのホームページをたくさん見てきました。
それらの共通点は「集客は無視している」事。

見てくれが綺麗なホームページが欲しいですか?
私は「サロンにプラスになる(集客出来る)」サービスしか提供したくありません。
それには、サロンの内情を知っていて、強みを活かし、お客様に来て頂けるコンテンツをご提供する必要があります。
その条件に全て当てはまる。同じ想いを持った、同じリクルート出身のサロンボードスタッフであった超優秀人材と手を組んでいます。

〜 ビューティーサロン向上委員会のサービスは、
3人合わせて3500店舗以上の美容サロンを訪問してきた
審美眼を活かしています 〜

お気軽にご相談下さい LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です