「次回予約」皆さん取っていますか?
取っているサロンさん、何割くらい取れていますか?

リピート事業の美容業界。
いつまでも新規集客に力を入れるのは大変ですよね。
美容サロンの集客・経営には、リピーター様の存在は欠かせません。

そんな中、リピート促進に欠かせない【次回予約】について、
マスターできるように情報をフル発信したいと思います。

トークを真似するなり、すぐに行動できるものばかりですので、是非使いまくってくださいね☆


そもそも次回予約って取るべきなの?

もちろんYESなのですが、その理由としては、

サロンさんの為になるだけでなくお客様の為にもなる

からなのです。

え????どういう事????

次回予約を取るとセールスしているみたいでむしろリピートされないんじゃない?

ちょっと待ってください。せっかくブログに訪れて頂いたのですから、ここいらで情報の更新をしてみませんか?
いったん先入観は捨てて、

本質を知ってください。


そもそもの話、リピートしない理由はどこにあるのかという所まで遡ると、

✔ サロンに行く前と行った後のイメージと違った

✔ 接客や会話での相性が合わなかった

✔ 期待以上の施術内容/効果ではなかった

✔ その後何のお知らせもないので忘れてしまった

✔ 行きたいけれど店名や担当者名が思い出せない

✔ 次回はいくらで出来るのかが分からなかった


こういった例の中で、もちろん技術や雰囲気等の問題もありますが、

「次につながる一手が無かった」からという理由もあるのです。

そしてそれは、原因が分かっているからこそ、いくらでもカバーできるのです。

次回予約はリピートする上で、大事な大事な施策。

そしてそれは、サロンの為でありお客様の為でもある

詳しく話していきましょう。

次回予約を取らないとどうなるのか

次回予約を取らないとどうなるのかを、サロン側とお客様側に分けてデメリットを見ていきたいと思います。

———————————————

<サロン側>

来店周期がバラバラになる
ご予約がお客様の都合になる
リピート率が下がる
売上が安定しない
身体の状態がかなり悪くなってから来られる
(髪が傷みまくり/自まつ毛まで取れる/自分でネイルをはがす/コリがひどい等・・・)
お客様が予約したいときに必ず予約が取れるわけではなく他店に行かれてしまう

<お客様側>

次の予約が予定や気分になる
サロンに行くタイミングが掴めず状態が悪化してから行ってしまう
予約したい時に取れない事がある
そうなると他のサロンを探さないと行けなくなる

———————————————

いかがですか。こんなにデメリットだらけなのです。
サロン側にとっては、集客(経営)の不安定と施術が大変になるというダブルの辛さがあります。

1ヶ月のメンテナンスでカット&カラーで来られるのと、
めちゃくちゃ髪キシキシのプリンで来店されて、「明日デートなのでお願いします!」とカット&カラーで来られるの、同じ値段ですよ、大変じゃないですか?


次回予約は、このデメリットを解消し、サロンの経営を安定させ、メンテナンスも楽になり、お客様も良い状態をキープできるのです。

そうは言っても断られるしなぁ、、
こんなお悩みありませんか?

☑そもそも次回予約制度を作っていない
☑話の切り出し方が分からない
☑毎回「検討します」と言われてしまう
☑お店が忙しくて声掛け(アナウンス)出来なかった
☑お客様が時間がなさそうですぐに帰られてしまった

ん~~~あるあるですねぇ。

次回予約を取った方が良いのは一万年前から知ってるってな。
でも、実際難しいんだよ・・・

ですよね。そこですよね。

だからこそ、色んな目線で対策を考えていきませんか?

次回予約は目でアナウンスしよう!

どうしたらよいのか、ですが、簡単に言うと2つ。

タイミングと声掛け方法です。

まず、タイミングですが、
帰り際に声を掛ける(アナウンス)をするというサロンが圧倒的に多いのではないのでしょうか。

もちろん、ご来店されてすぐ「次回ですが・・」なんて方はいないと思いますが(笑)
お客様は予定に合わせて予約を取る方も多いので、施術後に時間のゆとりを取って来られることは少ないです。

だからこそ、施術中に目でアナウンスするのです。

目でアナウンスとは、ズバリ、POPです。

例えば、目元を施術しない美容院やネイル等。

一席一席見えるところに、次回予約のススメをラミネートして置きます。


当サロンは次回予約をおススメしています。

次回予約をして頂くと
・担当の予約が必ず抑えられます
・優先して予約を押さえられます
・状態が悪化する前にメンテナンスする事ができます

等メリットを書きます。
特典を付けても付けなくてもOK

———————————————————–

※これはめちゃくちゃ効果抜群で、無断キャンセルの改善や回数券販売等、コンサルティングで実施して実際に成果が出ています。

マツエクサロン・うつ伏せになる整体やリラクゼーション、エステは、
着替えをする場所や、施術後にメイクをする・お茶を飲むタイミングに置いておくと良いでしょう。

で、席を離れるときに、「これ目を通しておいてくださいね」と言います。

そして、戻ってきた時に、「次回の予約いつにしますか?」

と聞きます。

「次回の予約どうしますか?」

ではなく、

「次回の予約いつにしますか?」

です。

この違い、分かりますか?

どうするかと聞かれると、「ちょっとまだ予定分からなくて・・・」と言われてしまいます。

いつにしますかと聞かれると、いついつと言って頂ける確率がUPします。

施術の待ち時間は、ファッション雑誌を読まれまくっても、お客様は楽しいですがサロンさんの利益にはなりません。
待ち時間や手持ち無沙汰な時間を有効に使って、目でアナウンスをする。
トークスキルを磨きまくらなくても◎

プライミング効果を使って成功率UP☆

プライミング効果って聞いたことあるでしょうか?
心理学の言葉なのですが、

プライミング効果とは、あらかじめ受けた刺激(情報)によって、行動が無意識に影響されること。

を表します。

いわゆる刷り込み効果

カレーの匂いをかぐとカレーを食べたくなる的なイメージです。
飲食店で匂いをガンガンに外に出して来客を増やすという手でも使われています。

五感を刺激する他にも、とある実験で、
前日に選挙に行くかと聞くと、選挙への投票率が25%あがったという結果がありました。

つまり、次回予約の話を触れるだけで意識を変えられるという事です。

例えば、

・何も言わないよりも、次回はいつ来れるかと聞く

・3週間周期が一番オススメだけどその周期で来られるかと聞く

・何曜日なら来やすいかを聞く

・自分を指名するなら先に予約してもらった方が確実と伝える

・人は21日間続けられると習慣化されるのでとりあえず21日後にまた来た方が良いと伝える

・2週間後にまた痛みが出てきたら一度見せに来た方が良いと伝える

このように切り出して、次回予約を取った方が良いという事を刷り込んでいきます。

もちろんダイレクトメール配信も忘れずに!

リピート促進のダイレクトメール

もちろん、サロンボードやメール配信ソフトからのダイレクトメール設定も忘れずに!!

どれだけ声を掛けても、予定が本当に分からない人もいる。
無理やり予約を取って後日キャンセルされることもある。

だから、無理はしなくてOKです。
次回予約率は100%なんて目指さなくて良いし、お客様の反応を見て引き際を見極めれば良い。

来月の予定が分からなければ、

お伝えしている来店周期に合わせて、「分かりました!○日後にメールが届きますので、もし次回予約の予定立ちそうでしたらメールを見て予約してくださいね!」

と、何度も刷り込みます。

この時の、プライミング効果としては、

「○日後にメールが届くよ」という刷り込み効果です。

いかに刷り込ませられるか。
次回予約は顧客教育と一緒!

何度も言いますが、次回予約をすることは、サロンにとっても、お客様にとっても、やった方が良い事。

これを、サロンさん自身も自分の中に腑に落ちるように何度も理解し、お客様にもそれを知って頂く。

これが、成功するカギです。

是非、試してみてください。

私が“直々に声を掛けた!”
激推し《最強メンバー》による提供サービス一覧

  • 「集客」できるホームページ/ランディングページ制作
  • GoogleAnalytics分析付!ホームページリニューアル提案
  • 更新モチベーションUP♪SNS用のバナー作成
  • サロンの顔!ロゴ作成
  • 媒体掲載OK!映えるサロン撮影(動画も◎)
  • NEWOPENにも!反響の出るチラシ作成
  • 思わず配りたくなる名刺制作

詳細・料金体系など問い合わせはコチラ LINE@

★メンバー紹介

グラフィックデザイナー / カメラマン

ミウラ タクヤ

引き出し豊富なアイデアマン。
聞く力に優れていて、ゼロ→イチが得意☆
想像を超えたオシャレセンスは見た目も満足に、更に集客効果も◎

WEBデザイナー

タナカ レイナ

女性の心を掴むキーワード提案が得意☆
こだわり強く、作ったら終わりでは無く、トライアンドエラーが出来る。
サロンの為ならズバッと!ストレートな物言いもオーナーに人気。

お気軽にお問い合わせ下さい LINE@

ホームページ制作や、チラシ作成の業者は今やたくさんありますよね。
選ぶ基準って何ですか? 費用ですか?豪華さですか?
私は今まで機能しないサロンのホームページをたくさん見てきました。
それらの共通点は「集客は無視している」事。

見てくれが綺麗なホームページが欲しいですか?
私は「サロンにプラスになる(集客出来る)」サービスしか提供したくありません。
それには、サロンの内情を知っていて、強みを活かし、お客様に来て頂けるコンテンツをご提供する必要があります。
その条件に全て当てはまる。同じ想いを持った、同じリクルート出身のサロンボードスタッフであった超優秀人材と手を組んでいます。

〜 ビューティーサロン向上委員会のサービスは、
3人合わせて3500店舗以上の美容サロンを訪問してきた
審美眼を活かしています 〜

お気軽にご相談下さい LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です